起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2017 05<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017 07
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

BECK-Modern Guilt-

Modern GuiltModern Guilt
(2008/07/08)
Beck

商品詳細を見る

記念すべき今年1枚目のレビューを何にしようかと悩みましたが、コレに決定。私のミュージックライフのベースとなるアーティストのひとりが我らがBECK様です。

I podのCMなどでそのジャケットはおなじみ。そしてタイトル「Modern Guilt」は「Mellow Gold」と同じMG。そこに意図を感じるのは私だけでしょうか。
プロデューサ兼キーボード担当はデンジャー・マウス。ドラムビートとアコースティックギターはベック自ら担当。10曲で30分そこそこのあっさりした内容で、全体的に派手な曲が無いにもかかわらず、近年のベック作品にはなかった力強さを感じます。顕著にそれが見られるのが「Chemtrails」。Sea changeっぽい憂いを帯びたゆるい音、と思いきや攻め立てるドラムワークがすさまじいパワーを与えています。タイトルナンバー「Modern Guilt」はベックらしいジャンルレスな楽しい音。個人的には「Walls」、大好きです。「個性的な音を作る」「上手い演奏をする」そんなことより「聴いた人を楽しませる」を重視する、どこまでもエンターテイナーであるベックの魅力が30分に凝縮され、そしてベックの才能を見せつけられる最高の1枚。

そしてもうすぐ単独来日。ベックはよく来日してくれるので大変ありがたいです。
【BECK JAPAN TOUR】
- SENDAI -
3.18 (wed) ZEPP Sendai
- NAGOYA -
3.19 (thu) ZEPP Nagoya
- OSAKA -
3.22 (sun) ZEPP Osaka
- TOKYO -
3.24 (tue) NHK ホール
3.25 (wed) NHK ホール
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


4/6(FRI) BECK @EBISU LIQUID ROOM

BECK07_2.jpg BECK07.jpg

ようやくベックのライブリポートです。
リキッドルーム公演が、ツアー開始寸前で追加になり、二日前にチケットをゲットして行く事に。小さいハコで見るベックは初めてということで、かなり心躍らせてリキッドへ向かいました。

どうやらゼップではルーザー、デヴィルズヘアカットでの最高のオープニング(友人曰く、ベストアクトに残るほどのすばらしさ)とのことで、それを見られなかった事は本当に悔やまれますが、小さいハコならではの生っぽさがとてもよかった!
つらつらとバックバンドを引き連れてやってきたベックは、髪の毛伸び放題、ハンティング帽にサングラス、ジョンレノンを思わせる風貌で、しかしやはりベック、何かバランスがすばらしくてそこはかとなくオシャレ☆

シーチェンジとミッドナイトヴァルチャーのツアーも参戦しましたが、そのときはベックひとりとそのバックバンド、という感じでした。それに対して今回は、力強さを兼ね備えた一体感のあるアナログなバンド形式。ベック一人のステージではなく、ベックバンドのステージでした。ちょっと見ない内に成長したねー、嬉しいぞ、とまさに親戚のような感想を抱く。全体的に、アレンジがロックしていて、特に、CSS風味なアレンジのCellphone's Deadにはかなり感動して、汗だくになってしまった。

とはいえ、相変わらず、エンターテイナーなところは全く変わっていないどころかパワーアップしていました。中盤での食卓を囲んだゆるーいパフォーマンス、そこにやさしく溶け込むベックのアコースティックナンバー。シーチェンジからも数曲演ってくれましたが、ベックの中の変化がそうさせるのか、全く別の曲のように聞こえました。かなりパワーアップしている。もはやベテランアーティストの域に達しているな、と感じました。

ロック、アコースティック、ダンス、カントリー、垣根を越えたそのベックだけに奏でることの出来る音、空間。小さいハコならではのユルさ。(セットリストもかなり適当だったらしい)やはりベックは魅せてくれるな、と改めて確信した良いライブでした。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


Beck-Mellow Gold-

Mellow Gold Mellow Gold
Beck (1994/03/01)
Geffen Records
この商品の詳細を見る

名曲ルーザーを惜しげもなく、1曲めに持ってきて、ここから一気に畳み掛けるベックワールド。
初めて聞いたときの違和感は忘れられない。このヒップホップともカントリーともロックとも言えない妙な音、脱力したボーカル。「コレいい!コレ誰の曲!?」みたいな直感的なものはなく、かといってキュンとくるものもなく、でもいつのまにか頭の中をぐるぐるまわる音。噛めば噛むほど味が出る。坊っちゃんフェイスな見た目とは裏腹に、ダークな世界観は、苦労した人生経験の中にあるのかな。名盤オディレイへと誘うベックの原点がこのアルバム。いろんな音がうしろで流れていますが、Steal My Body Homeのシタールがやはり気になります。

そしてライブパフォーマンスにも定評あり。1音楽家であり、バンドメンバーであり、エンターテイナーであり、観客と同じ音楽を愛するひとりである様子がいつもあふれ出ています。
その音楽志向の変化によってツアーバンドが変わる事をレディオヘッドのトムに「同じ音楽を共有してずっと共にできるバンドがいることがうらやましい」と言っていたことを思い出します。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


Beck-The Information-

The Information The Information
Beck (2006/10/02)
Polydor
この商品の詳細を見る

なんだか無性にCDが買いたくなって、HMVに行ってみたらベックの新譜が20%オフ!?しかもオマケ付!買うしかない!!ヤフーニュースにも出ていましたが、(イギリスで、オマケ付のCDの売上げは、チャートイン規範に反するためランク外らしいです)まんまとその戦術にひっかかってみる。
メロウゴールドとオディレイが最高だと思っているため、前作グエロにも購入に至るほどの魅力を感じられなくて久しぶりにベックの新しい音に触れました。

いやーこれはかなり新境地。ベックらしいファンクさや、カントリーな音を踏まえつつ、プロデューサーがレディオヘッドでおなじみのナイジェル・ゴッドリッチだから、トム・ヨークのソロ「イレイザー」っぽいマイナーさが加わって、もはや向かうところ敵なし、ベックというジャンルをこれでもかと見せ付けてくれる快作!まぁどっかで聞いたような(シーチェンジやMidnite Vulturesにオディレイを掛け合わせたような)曲ばっかりと言ってしまえばそれまでなんですが、うん、これぞベックだね。集大成的な印象です。全曲、曲の出だし(イントロ)がかなり良いな~飽きない。

1.Elevator Musicはいかにもベックだし、2.Cellphone's Deadはいろんな音が鳴ってておもしろくてかなり好き。まさにミッドナイトの流れ。6.Nauseaは一回聞いたら頭ん中ぐるぐるまわってます。9.We Dance Aloneなんかもいいなぁ。タイトルも良いですね。11.1000 Bpmはちょっとハードな感じがカッコイイ!12.MotorcadeはもろEraserのCymbal Rush(最後の曲)な音が聞こえてきます。13.The informationはロック色の強いタイトルソング。これもかなり好き。そして14.The Horrible Fanfare/Landslide/Exoskeletonは10分強の大作、ほんとにいい意味で暗さというか、重さが加わったなと思います。

ちなみに、このオモシロジャケットの内情はReadMoreをクリック!オマケを楽しみにしている人はネタバレなので見ないでくださいね。
...続きはコチラ   

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


BECK-Midnite Vultures-

BECKのファンク・ソウルアルバムといえばコレ!ピコピコいろんな音がうしろで鳴っていて楽しい。でも、ベックワールドも忘れていなくて、そこには今までのカントリー、ロック、ヒップホップの要素もたっぷり。個人的にはメロウゴールドやオディレイが好きですが、楽しさと聞きやすさではこのアルバムが良いのではないでしょうか?ライブでもこのアルバムからの曲はかなり踊れる!ベックの脱力ボーカルもぴったりです。ヘビロテってになるほどではないけど、たまに聞いてノリノリになれるし、やっぱり楽しいな、と思える一枚です。ちなみに、Sexx LawsのPVは、にしきのあきらバリのそうめん衣装を身にまとい、ファンキーに踊るベックがステキです。現在、i-tuneミュージックストアでベックのPVベスト版のようなものが発売中なようです。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


BECK-Sea Change-

beck13.jpg

↑ベックとレディオヘッドが一緒の写真です!
ロック、ヒップホップ、カントリーと様々なジャンルを絶妙のバランスで融合し、Midnite Vulturesでファンク的な要素もすっかり定着したと思われたベックの、転機といわれる一枚。全編に渡ってアコースティックな音にストリングスを重ねたメロディがとっても美しい。ネガティブな歌詞と、スロウな音で、多少暗いという評価もありますが、アルバムとしての統一感も、誰も作ったことのないような独特な音楽も、ベックならではの才能だと思います。
中でも1.The Golden Age、2.Paper Tiger、4.Lonesome Tears、5.Lost Cause、10.Sunday Sunあたりが良いですね。

かっこいいオフィシャルサイト:http://www.beck.com/
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


BECK-ODELAY-


↑試聴できる!
去年のフジロック来日も記憶に新しいベックの2枚目。
ヒップホップのような、カントリーのような、それでいてロックっぽい、その独特の音はまさに新ジャンル。
1.Devils Haircut、4.New Pollution、かっこよすぎ!
8.Where It's Atも熱い!
脱力系のほかの曲もいい。1枚目のルーザーに劣らぬ名盤です。
ちなみにビジュアルとライブパフォーマンスもサイコー!ホラネ↓
beck12.jpg
めちゃめちゃかっこいい公式HP:http://www.beck.com/
(1996/06/18)
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。