起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2017 03<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017 05
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

M.I.A-M A Y A-

MayaMaya
(2010/07/13)
Mia

商品詳細を見る

 2月に来日が決まっているM.I.Aの3rdアルバム。前作よりずいぶんゴリゴリとした音で、この音が車高の低いワゴンから聞こえていたら絶対避けて通ってるわ、と思ってしまったとっかかりにくい1枚。特に、普段ポップなロックを好んで聞く私にとっては、こういう音を聞くことは本当に珍しいのだけれど、マヤ・アルプラガサム嬢の作品となれば話は別。前作Kalaにかなりハマッたので、3rdアルバムは非常に楽しみにしておりました。

 先行シングルのXXXOは数少ない聞きやすい曲ですが、全体としてはスローやミドルテンポで重めの曲が多く、初めて聞いたときは少し置いていかれた感が否めませんでした。しかしながら、独特のリズム感とインド的な要素と、さまざまな音がミックスされた他には感じることのできないMIAワールドに、やはりいつしか病みつきに。1枚を通して聞いたときの流れもなかなか面白いです。ゴリゴリヒップホップ色の強いMessage→Steppin Upから始まり、軽いXXXO、そしてTeqkilla以降は、ヒップホップ、インドミュージック、レゲエ、ロック、ポップを混沌に混ぜ込んだような、このアルバムにしかないMIAワールドが展開されています。後半のBorn FreeからスローなTell me whyの流れがとても好きです。
 この人が一体どんなパフォーマンスをするのか、この目でぜひ見てみたい、ってことで2月の来日公演が楽しみです。

:::::MIA Japan tour::::::
2011 FEB 11 Fri - TOKYO : STUDIO COAST
OPEN 5:00pm / START 6:00pm
ADV 6,300JPY (tax incl. / All Standing with 1drink charge)
TICKET ON SALE:NOV 13 Sat
e+:eplus.jp
Ticket Pia:0570-02-9999 P-code:123-760
Lawson Ticket:0570-084-003 L-code:77379
Ticket JCB:ticket-j.com
Info:CREATIVEMAN 03-3462-6969
※Please notice we do not allow children preschool age (5 years old)
and younger to enter show / venue.

2011 FEB 12 Sat - TOKYO : ZEPP TOKYO
OPEN 5:00pm / START 6:00pm
ADV 6,300JPY (tax incl. / 1F Standing・2F Reserved seats plus 1drink charge)
TICKET ON SALE:NOV 13 Sat
e+:eplus.jp
Ticket Pia:0570-02-9999 P-code:123-760
Lawson Ticket:0570-084-003 L-code:77379
Ticket JCB:ticket-j.com
Info:CREATIVEMAN 03-3462-6969
※Please notice we do not allow children preschool age (5 years old)
and younger to enter 1F Standing area.
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


M.I.A. -KALA-

KalaKala
(2007/08/21)
M.I.A.

商品詳細を見る

「最近全然更新してない!」というご指摘をいただきまして。。。まさにそのとおりで、大変ありがたいご指摘に、もっと頑張って更新しよう!と心を入れ替えてみたりしました。頑張ります!!

というわけで、昨年は全然(今年に入っても全然)書けていなかったので追いつけ追い越せでレビューしていこうかなと思うわけです。

さてさて、一発屋を懸念されていたMIAの2枚目は、1枚目よりも格段にすばらしい一枚となっています。スリランカ育ちを前面に出したのか、はたまた生まれもっての才能か、本アルバムは一貫してアジアンテイストたっぷり。もはやダンスミュージックというより民族音楽?湧き上がる生命のエネルギーとでも言いましょうか、民族音楽に通ずる神がかり的な、それでいて混沌としたパワーを感じずにはいられまん。1曲目Bamboo Banga、ひたすら同じフレーズが続くだけなのに徐々に徐々に引き込まれていくこの感じ、たまりません。畳み掛けるように、続々不思議な音が現れ、不思議なフレーズが頭の中で繰り返され、Husselあたりでお香でも焚きたくなってしまう。あーインドにいきたい。1つの曲の中で次はどんな音が出てくるんだ?1曲が終わったら次はどんな曲が出てくる??いつまでたっても興味がつきず、1枚のアルバムが見事に1つの作品を作り上げている、と言っても過言じゃないと思ってます。2007年のベスト3に入ってくる完成度の高い1枚です。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。