起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2006 05<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2006 07
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

V.A-Fire & Skill: The Songs Of The Jam-

Fire & Skill: The Songs of the Jam Fire & Skill: The Songs of the Jam
Various Artists (2000/01/25)
Sony
この商品の詳細を見る

最近JAMを聞いていたら、このトリビュートアルバムの存在を思い出して久しぶりに聞いてみました。ポールウェラー率いるJAMの名曲を、個性的な面々がカバーしたなかなかおもしろい1枚。オアシスのギャラガー兄弟、Beastie Boys Feat. Miho Hatori、シルバーサンにベンハーパー。それぞれJAMの良さを活かしつつ、個性を活かしたアレンジで、聞き応えがあります。ベタな路線で注目したいのはやっぱりリアムが歌うCarnation、ノエルが歌うTo Be Someone(かなりのアレンジが!)。この二人が歌うとすっかりオアシス風になってしまうのがすごいところかな。声って大事ですね。トリビュートアルバムってあまり買わないんですが、コレはかなり満足です。
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


目覚まし Kula shaker-K-

K K
Kula Shaker (1996/10/22)
Columbia
この商品の詳細を見る
ここのところ、目覚ましはずーっとヴァインズだったんですが、久しぶりにチェンジしてみました。クーラの1stです。1曲目からイキナリHey dudeなので、起きないわけにはいきません。Hushと同様、グルーヴィーでノリノリ。連日の暑さがサマーフェスを彷彿させるので、ワールドカップですっかり寝不足の体にムチ打って起こしてくれます。インド要素をふんだんに取り入れたクーラですが、このアルバムにはボーカルなしのシタール音楽が1曲入っており、また4. Govindaもめっきりインド的。それがロックと見事に融合しているので、不思議な個性を生み出しています。ビートルズのジョージがインドにハマっていたことからも、イギリスとインドの密着した関係が伺えますね。
さて、クーラは曲ごとにいろんな色を持ち合わせているのに、アルバム全体に統一感があるから素晴らしい。レッチリもかっこいいけど、やっぱりUKヒイキな私は迷わずクーラです☆
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


Yeah Yeah Yeahs-Fever to Tell-

Fever to Tell Fever to Tell
Yeah Yeah Yeahs (2003/04/28)
Polydor
この商品の詳細を見る

ワールドカップですっかり更新がおろそかです。
ユニバーサルの公式ページの文が何だかおもしろかったので、引用しておきます。
「ヤー・ヤー・ヤーズは、2年半前に、ニューヨーク、ブルックリンのウィリアムズバーグで結成された。カレンOとニック・ジナーがニューヨークのバーで出くわしたのだ。2人はなかなかいいアコースティック・フォーク・ソングを一緒に書いたが、ある時突然、まるで稲妻が走ったかのように、ニューヨークで最高のロックンロール/アート・パンク/安っぽいディスコ/もう何とでも呼んでくれ・バンドにきっとなれると思ったのだ。2人はカレンのオハイオ大学時代の旧友、ブライアン・チェイスを呼びよせ、バンドに雷と背骨を持ち込んだ。ニックはアンプを2台使って音を出すので、ベース・プレイヤーは必要なかった。」

かわいくてパンクでセクシーなヴォーカル、カレン・Oの魅力が120%発揮されたデビューアルバム。とにかく、かわいいのにハチャメチャで、パンクでセクシー。まさかのベースレスというスタイルが、逆にこの3ピースバンドの一体感を高めているに違いない。2ndの時にも書いたけど、ガレージという言葉がぴったり!2.Date With The Nightの「choke choke・・」とや4.Tickの「TickTickTickTick・・」が病み付きです。歌?雄叫び?あえぎ声?かっこいいから何でもよし!←あ、つまりそれが何とでも呼んでくれバンドか!!バンドをしているわけではないのに、こんなボーカルになりたいなぁと、ついつい思ってしまった・・。フジロックでの来日公演楽しみです!!

カワイイオフィシャルHP:http://www.yeahyeahyeahs.com/
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


キラーズも応援

killersWC.jpg

いよいよ始まりました、ワールドカップ。
実は熱狂的なサッカーファンでもあるために、開幕戦からすでに寝不足の生活が続いております。できる限りリアルタイム観戦してやろう、という心意気です。優勝予想は、かねてからイングランド、に決めてるんですが、どうやらアメリカ人のキラーズもイングランドを応援しているらしい!インタビューも載っているので、興味のある人はぜひ見てみてください!
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/060610/1/6685.html
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

ラーズ新曲!?

今日、新聞の深夜のテレビ欄を見ていたら
「ラーズ新曲」
と書いてあった!!
えーーーーっまじでまじで??しかもテレビで?
見逃すまい、見逃せない。とかなりテンションが上がりました。ビデオ用意しないと。あ、野球とかないかな、延長したら困るな。いや、これは起きとくしかないな。

よくよく、よーーく見たら・・・・

ゴスペ(改行)
ラーズ新曲

だった。ガクっ
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

Kula Shaker-Kollected-

試聴はコチラ
ベスト版を極端に嫌う私が、ハッシュ欲しさに血迷って買ってしまったクーラのベスト版。まさにUKロック、ブリットポップの基本形、ここにあり。ビートルズばりの良い声とコーラスながらも、インド系の音(シタールとかインド女性の歌)やオルガン、バグパイプなどが見事に調和。グルーブ感もあって、60年代を意識した曲の構成とはいえ古臭さは皆無。ストロークスやホワイトストライプスが、どれだけ素晴らしいUK的なアルバムを作っても、やっぱりこういう音にはこの英国英語がしっくりくるのかな、と思ったりもします。たった2枚のアルバムを残し、惜しまれながら解散したクーラが、再結成していよいよフジで来日です!クーラとレッチリがかぶるなら、クーラに行ってしまうかもしれない。カバー曲でありながらクーラの代表曲とも言えるハッシュを聞いたら、ナーナナナーを口ずさまずにはいられない!口ずさむではすまない、大声で歌いましょう!
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


The Vines-Highly Evolved -

Highly Evolved Highly Evolved
The Vines (2002/07/16)
Capitol
この商品の詳細を見る
ヴァインズの記念すべきデビューアルバム。すごい。すごい才能です。クレイグの美しい声、荒々しいシャウトと、ポップでかつロックな音のすばらしいバランス。1. Highly evolvedを聞いて、出だしですでにこのアルバムが素晴らしいことを確信し、名曲3. Outtathaway、6. Get free等にコーラスが気持ちいいバラードを織り交ぜてあっという間に最後まで聞けます。8. Factoryはこのアルバムにしかなさそうなキャッチーな曲。これだけの才能だから注目されないわけにはいかない。迷いを感じさせないこのアルバムから、次のWinning Days、そしてVision Valleyへの心情の変化が読み取れるからこそ、このアルバムが輝くのかもしれない、と思いました。それにしてもGet free、最高です!!
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


Red Hot Chili Peppers-Californication-

Californication Californication
The Red Hot Chili Peppers (1999/06/08)
Warner Bros.
この商品の詳細を見る
ロックファンでなくともその名は聞いたことがある、というほどの大物ロックバンドにもかかわらず、なぜか今まであまり聴いてこなかったレッチリですが、フジの予習で、一気に集めて聞きまくろうと頑張っています。しかし、ステージとスケジュール的にクーラとかぶるかも・・?まずはカリフォルニケイションから。全然知らなかったんですが、1500万枚売れているらしい、すごい!1Around The Worldはかなり有名曲で、By the Way と少し似ているけど、こっちの方が熱い。かっこいいです。アルバム、バイザウェイは前半で結構飽きてくるんですが、こっちは全体を通して統一感があるし、ロックしてますね。ベースもギターもドラムも全部が主張してるのにバランスが取れてるところがすごいです。ベースラインが特に好き。しかし相変わらず曲数多いなぁ、15曲。お得感満点ですが、なかなか最後まで集中して聞くのは大変です。ヴァインズなんて1曲が2分くらいで新譜は通しで30分。すぐに聞き終わるのに。これだけ長い間、ずっとヒットを飛ばし、かっこいいライブを続けるだけでもすごいのに、新譜2枚組みですかい!ひぃーすごすぎ。まだ聞いてませんが、私の集中力でもつのだろうか・・・
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。