起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2006 07<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2006 09
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

Nirvana-Nevermind-

Nevermind Nevermind
Nirvana (1991/09/24)
Geffen
この商品の詳細を見る

ロックを語る上ではずすことのできないNirvana
いつ聞いても、その荒々しくも繊細なギターとカート・コバーンのボーカルがずっしりと心に残る名盤中の名盤。最も聞きやすく、メロディアス。ハードなのに、普段ポップなものばかり聞いている私の耳にも、なぜかすんなり入ってくるから不思議です。あまりにも有名なSmells Like Teen Spiritから始まって、Breed、Drain You、きっと誰もが耳にしたことのある曲が続々。Come as You AreやLithium、Polly、Lounge Actのイントロはいかにもニルバーナ。ハッキリ言って、似たような曲ばっかりで、なのにその世界にどっぷりハマっていく感じがたまらない。叫んでいるようにも、冷静に語っているようにも聞こえるその不安定なところが世界のロックファンを魅了する所以なのかな。カートの自殺によって多少伝説化したところを差し引いても、後にも先にも唯一無二なバンド。
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


Weezer-Pinkerton-

Pinkerton Pinkerton
Weezer (1996/09/24)
Geffen
この商品の詳細を見る

とっくにレビューしたつもりでしたが、目覚まししかしてなかったので、ここで再びピンカートンWeezerベストアルバムが、このピンカートンかブルーアルバムかという議論はもはや飽きるほど聞いた話ですが、気分によってその2枚のランキングは入れ替わるんではないかな。私にとってのベストはブルーの方ですが、たまにこっちもむしょうに聞きたくなって、聞いたらこっちがベストだっ!て思ってしまう。へなちょこで変態な歌詞も、泣きのギターも、リバースのへろへろなのに心に響く歌声も、このアルバムまでしか聴けないと思う。
Get youを聞いたときの衝撃はかなりだった。青盤よりも少しポップさはなくなっているものの、泣きのギターは健在。当時なぜか青盤に比べて売上げが奮わなかったため、その後活動を一時休止してしまうことになるんだけど、今になってみるとそんなことを全く感じさせない。このアルバムにはWeezer史上最高の曲がいっぱい詰まっています。生バタフライを聞いたときには知らずのうちに涙してしまった。
そして私のWeezerベストソングはこのアルバムに入ってるAcross The Sea だから、青盤とはやはり甲乙つけがたい20世紀の名ギターロックアルバムです。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


アビちゃん動画!

http://www.mtvjapan.com/event/fujirock06/highlight02.html
9月10日までの期間限定で、フジロックのオアシスエリアにあったMTVブースで行われた、アコースティックライブやトークショーの動画が上のページで見ることができます。
唯一HIVESは見に行ったんだけど他はスケジュール的に見れなかった。それにしてもKula Shakerもさることながら、Zutonsアビちゃーん!!最高にカワイイ☆そしてアコースティックでもコーラスすばらしいやん。あぁ見たかったなぁズートンズ。ちなみにクーラは王子のキューティクルがすごいです。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

JET-Get Born-

Get Born Get Born
Jet (2003/10/07)
Elektra
この商品の詳細を見る

I-podのCM(Are You Gonna Be My Girl)で一世を風靡した(?)JETの名盤。Are You Gonna Be My Girlはなんともストレートな歌詞が潔い、というよりむしろちょっと笑える。Rollover D.J.も大好きです。なんていうか、ベタなんですよね、いい意味で。みんながどこかで聞いたことあるようなロケンローなメロディーを勢いとノリで演ってしまうそのすばらしさ。
Look What You've Doneなんかはきっと誰もがキュンときてしまうバラードだけど、同時にきっとオアシスを思い出してしまう。それがむしろこのアルバムの良さですね。「パクったっていいじゃん、好きなんだから」みたいな声が聞こえてくる。勢いノリノリの楽曲が人気ですが、個人的にはバラードのメロディセンスがベタベタで好き。落ち着くなぁ。
万人受けするすばらしき現代のロックンロールアルバム。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

Hard-fi -Stars of CCTV-

Stars of CCTV Stars of CCTV
Hard-Fi (2005/07/04)
Atlantic
この商品の詳細を見る

"スラム地区の高層ビル(訳注:イギリスの公営高層アパート)から出てきた最も抜け目のない若者たち"と自らを呼ぶ、失業者バンド、Hard-fi。ディスカ(ディスコミュージックとスカを融合したニュージャンルらしい)という言葉を作り上げた踊れるロックが病み付きです。自称「女子でも踊れるロック」のフランツに近い気もするけど、もっとガレージっぽく、UKスカ代表オーディナリーボーイズよりももっと現実味があり地に足がついた感じです。特にHard to Beatが最高。聞いたことがあるようで、全く新しいそのメロディーセンスは、噛めば噛むほど味が出る!かなりはまってます。
そして9月には来日公演!これは楽しみです!
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

今更ですがフジまとめ

気づけば8月後半、フジから帰ってきてからというものすっかり忙しい日々をおくっていますが、今更レッチリレビュー+フジまとめをしてみようと思います。

まずはレッチリ
クーラが終わってすっかり打ち上げ気分でオアシスでビールをあおっていたら、グリーンステージの方から尋常ではない雰囲気が聞こえてくる!?急いでグリーンの方に向かって、かなり後方、レジャーシートで伸び伸びゾーンでまったりと見ることにしました。とはいえ、モニターでしか見ることができませんでしたが、ムムっ!スゴイ服装だ!スゴイ顔だ!スゴイ雰囲気だ!後方山の手方向までオールスタンディング、山が一体となった今までにない雰囲気!これが、これがレッチリのステージなのか!?さほどハマらないから正直舐めていた、モンスターバンドとはまさにこのことだ。酔いも手伝って最高の気分、そしてあんまり詳細を覚えておりません;アンコールのバイザウェイがとにかく最高だった。フジから帰ってきてからずっとレッチリヘビロテです。貫禄、余裕、バンドって素晴らしい。ありがとう、2日目のトリがレッチリでよかった!
レビュー①http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=291
レビュー②http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=302
写真(服装に注目!)http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=289

そしてまとめ~初めてのフジロックフェスティバル~
フジロッカーたちがみんなが口を揃えて
「1年間フジの為に働いている」とか
冬のうちに「チケット今年もすでに買ったぜ」とか
えらく高いのに毎年よくいくなぁ、ラインナップも出てないのになんで買うの?と思っていましたがいやいや、行ってみたらその気持ちがよくよく分かった。むしろ今から来年のために貯金をしようと決心。
サマソニの場合、終わってしまったら結構抜け殻になってしまっていたので、フジでは相当な喪失感を味わうと思っていたのですが、むしろサワヤカな充実感と、来年への野望が生まれてしまった。これぞフジマジック。フジの為に日々音楽を聴き、音楽のためにフジへ行くのです。来年は絶対泊まりで行こう、レディへとヴァインズが来ると勝手に予定を組んでみよう。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


Kula shaker @FRF RedMarquee 7/29(SAT)

kula.jpg
ついについにやっとクーラです。フジから2週間近く経とうとしている今でも鮮明に思い出せる、マイベストアクト。ジュニアシニアが終わると共に、人を掻き分けて前方に。あ、今思い出しました、ジュニアシニアは最後に写真を数枚観客とともにパチリ☆興奮さめやらぬまま、というよりむしろ初めて見るクーラのステージに若干さらに興奮気味で、すでに混み合った前方に構えて始まるのを待ちます。だから全然知らなかったけど、クーラの時は、レッドマーキーが満員どころか、外に相当はみ出していたらしい。そりゃそうだね、クーラとしてのステージは7年ぶりらしい。Hush やHey Dudeを口ずさみながら待っていると、そこに!お馴染みのインド女性独特のコーラスが!!

観客が我を忘れて押し寄せ、案の定潰されて、でも負けじとふんばりジャンプや背伸びを駆使してメンバーを確認!
!!?う、美しい!ボーカルのクリスピアン・ミルズ!初めて見たけど王子というニックネーム納得です。声もCDどおりというよりそれ以上。力強く、そして済んだ声。

もう押し寄せる人々にほとんど何にも見えないけど、何も見えなくてもすばらしいことは確か。新旧名曲を織り交ぜ、終盤、HUSHとHEY DUDEの連続技は反則ですやん、スゴイ!!盛り上がるというよりもうその世界に身を置く幸せをひしひしと感じながら、Govindaのインドテイストで終了。ただひたすら感動、感動、感動。あまり覚えていないくらい素晴らしかったです。

レビュー①http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=273
レビュー②http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=399
写真①http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=243
写真②http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=246#more

セットリストはread more..をどうぞ。
...続きはコチラ   

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


Junior Senior @FRF RedMarquee 7/29(SAT)

jrsr.jpg
北欧バンドが続きます。細身のカワイイ系ジュニアと太っちょヒゲ面のおっちゃんシニアの仲良し二人ユニット。コーラス部隊を従えて、アルバムと同様Go Junior Go Seniorで始まるから、熱くならずにいられない!想像していたとおり=写真どおりの見た目と、想像していたとおりの音!楽しい!ハイヴスとは違ってあおるというより一緒に楽しもうよ!的な、クラブ感覚がとても楽しい!で、意外とシニアがなんだかカワイイ。写真を見ればわかるように、腰に手を当ててピョンピョンする姿が印象的です。
代表曲Rhythm BanditsとMove Your Feetでは最高の盛り上がりで、ステージがまったく見えず。でも見てる人みんながすごく楽しんでいるのが感じられました。

詳細コチラ↓
http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=498
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


The Hives @FRF Green Stage 7/29(SAT)

hives.jpg
はい、やってくれました。そもそもメンバーにおデブキャラがいておもしろいのに、下手したらコミックバンドですやん、ナイスですよ!まず、全員が黒尽くめに白サスペンダー、覆面、のお揃いコスチュームに身を包み、すさまじいテンションで繰り広げる。おデブちゃん、ギターがちっこいよー数曲ですごく疲れてるよ!?そして自分大好きボーカルHowlin'Pelle Almqvist(何て複雑な名前!)のパフォーマンスおもしろすぎ。ライブの前に行われたトークショーで、普通の速度でじっくりやるのと、速くいろんな曲をいっぱいやるのとどっちがよいか聞いて、速いほうに決定したため、もともとハイテンポなのにさらに速い!しかも1曲短い!無理やり短縮してる!?ちょうどライブが始まるのと同時くらいに雨が降り出して、降ったり止んだりしてるのも、雨が奴らに合わせてるんじゃないか、と思うほど。会場をあおりたい放題、ステージを降りてお客さんところにつっこんだり、しつこいくらいにシャウト。
「Do you love the Hives??」を連呼。そしてクライマックスあたりに、演奏が突然止まって一時停止。全員微動だにしない。もう爆笑してしまった。初めて見たからびっくりしたけど、どうやら恒例らしい。
ハイヴスというバンド、間違いなく素晴らしいライブバンドだ!
詳しいレビューこちら↓
http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=164
そして写真①はこちら↓
http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=174
写真②はこちら↓
http://www.fujirockexpress.net/index.php?itemid=521
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


MYSTERY JETS @FRF RedMarquee 7/29(SAT)

Making Dens Making Dens
Mystery Jets (2006/03/06)
679

この商品の詳細を見る

UKの摩訶不思議バンドMYSTERY JETS。何せその構成が不思議。5人で構成されるそのメンバーは、4人が20歳くらいで、一人メンバーの父が入っているらしい。リズムも不思議な心地よさがあって、まぁとにかく個性的。いい感じで力が抜けていて、コーラスも気持ちよく、うっかりうとうとしてしまった!いくら夜行バスで来たからとはいえ、たるんでいるぞ!
ブロックパーティとかアークティックモンキーズもこのバンドを好きらしいから、なかなかこれから良い感じに個性を発揮してくるでしょう。
そして摩訶不思議なオフィシャルHP:http://www.mysteryjets.com/flash.htm
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


Wolfmother @FRF Green Stage 7/29(SAT)

Wolfmother Wolfmother
Wolfmother (2006/05/02)
Interscope/Modular
この商品の詳細を見る

ガレージっぽいハードロックをかなでるオーストラリアの新進気鋭バンド、Wolfmother。会場に到着して初めに見たのがこのバンドです。1曲だけ(Dimension)しか知らなかった上にそれがまだ自分のポジショニング整わぬまま始ってしまったために、さほど感情移入できず、マジメに見ることもできずじまいでしたが、3ピースながらなかなか骨太なロックをやってくれました。でも、まだまだ荒削りな感じ。声ラプチャーに似てます。それにしてもこの3人が3人とも髪がモジャモジャだー!それに気をとられてしまうあたり、まだまだライブモードに入っていなかったもよう。ま、バス遅れたから寝起きだしね。今後の動向に注目したいバンドです。
たくさん聴けるオフィシャルHP:http://www.wolfmother.com/
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


フジロックフェスティバル!@苗場スキー場 7/29(SAT)

行ってきました!初フジロック!たったの1日だけだったけど、すごい!すごい!すごい良かったーー!!!サマソニと全然違います!

サマソニとの違いその①:場所
まずは場所が。何せ新潟なので遠いのなんの。集合場所からみなさんフジスタイルで、そこからぐーっとテンションがあがり、そのままバスに揺られることおよそ8時間。バスが途中壊れたため(!!恐怖!!)待ち時間合わせて計10時間。バスを降りたらそこは高原。さわやかな緑の山々の中にテント村のカラフルなテントがいっぱい目に飛び込んできて美しい。苗場にキターと寝起きでテンションがあがり、しかもそのテントの住人が全員フジのために来てると思うともうスゴイ。外に出るとサワヤカ~な風邪が。大阪はジメジメしてて暑苦しいのに、何とすばらしい適温ではないか!さすが新潟、そして高原。

サマソニとの違いその②:雰囲気
やはり高原、芝生なのでのーんびりした雰囲気。グリーンステージにはビール片手にゆっくり見ようぜ的な行楽気分があります。もちろん、前列方面はガツガツ行ってますが、うしろの方はレジャーシートをひいてマイペースでライブを楽しんでいます。レッドマーキーは屋内なので、サマソニとさほど違いはありませんが。そして何より気まぐれな山の天気!朝曇っていたかと思えば、昼前にはかなり晴れて暑い暑い。帽子と日焼け止めが大活躍。かと思えば3時ごろから一気に曇り始めて雨が。カッパが大活躍。夜には雨があがってむしろ寒いくらい。上着が大活躍。
来年はナガグツとしっかりしたリュックを持っていこう!

サマソニとの違いその③:身近なバンドたち
V6010097.jpg
様々なライブだけではなく、各所でいろんな企画が行われています。ハイヴストークショーの模様は写真参照。とにかく近い。そしてステージに立てばたちまちオーラとカリスマ性を発揮するバンドメンバーたちも、ステージを降りれば参加者。そのへんをチョロチョロしているらしい。念のためサイン帳と油性ペンを持っていってたけど、見つけたのはスヌーザー誌編集長のみ。タナソウ、不思議な赤メガネをかけていました。ちなみにこの日、なんと、パイレーツオブカリビアンで話題の美少年オーランドブルームも来ていたらしい。必死で探したけど見つからず。

サマソニとの違いその④:ごはん
V6010098.jpg
ご飯の充実がはんぱない。写真は苗場食堂ですが暗くてあまり分からず。
しゃれたフランスのカフェみたいなところはフランス人らしきシェフがクレープを焼いているわ、タイブースはタイ人が接客してくれるわ、そして名前のごとく苗場食堂はなんともアットホーム。畳とちゃぶ台が用意されている。新潟ご当地グルメ、おいしい米を使ったおにぎり屋さんもあれば、もち豚串焼き←めっちゃ並んでて食べてないけどめっちゃおいしそうやった!あ、御用達クラブKarmaも出店していて、本格的カクテルも充実。とにかく何を食べていいのやら悩む悩む。そして食べる食べる。朝からビール。そしてタイのグリーンカレー。ビール。五平餅。ビール。串焼き。タイ風春巻き。ビールビール。地酒。あ、たいしたもの食べてないなぁ飲んでばっかり。でもこれが全部おいしかったんです!

肝心のライブレビューはまた次回ということで。今回は雰囲気をお伝えしました。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。