起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2007 03<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2007 05
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

4/6(FRI) BECK @EBISU LIQUID ROOM

BECK07_2.jpg BECK07.jpg

ようやくベックのライブリポートです。
リキッドルーム公演が、ツアー開始寸前で追加になり、二日前にチケットをゲットして行く事に。小さいハコで見るベックは初めてということで、かなり心躍らせてリキッドへ向かいました。

どうやらゼップではルーザー、デヴィルズヘアカットでの最高のオープニング(友人曰く、ベストアクトに残るほどのすばらしさ)とのことで、それを見られなかった事は本当に悔やまれますが、小さいハコならではの生っぽさがとてもよかった!
つらつらとバックバンドを引き連れてやってきたベックは、髪の毛伸び放題、ハンティング帽にサングラス、ジョンレノンを思わせる風貌で、しかしやはりベック、何かバランスがすばらしくてそこはかとなくオシャレ☆

シーチェンジとミッドナイトヴァルチャーのツアーも参戦しましたが、そのときはベックひとりとそのバックバンド、という感じでした。それに対して今回は、力強さを兼ね備えた一体感のあるアナログなバンド形式。ベック一人のステージではなく、ベックバンドのステージでした。ちょっと見ない内に成長したねー、嬉しいぞ、とまさに親戚のような感想を抱く。全体的に、アレンジがロックしていて、特に、CSS風味なアレンジのCellphone's Deadにはかなり感動して、汗だくになってしまった。

とはいえ、相変わらず、エンターテイナーなところは全く変わっていないどころかパワーアップしていました。中盤での食卓を囲んだゆるーいパフォーマンス、そこにやさしく溶け込むベックのアコースティックナンバー。シーチェンジからも数曲演ってくれましたが、ベックの中の変化がそうさせるのか、全く別の曲のように聞こえました。かなりパワーアップしている。もはやベテランアーティストの域に達しているな、と感じました。

ロック、アコースティック、ダンス、カントリー、垣根を越えたそのベックだけに奏でることの出来る音、空間。小さいハコならではのユルさ。(セットリストもかなり適当だったらしい)やはりベックは魅せてくれるな、と改めて確信した良いライブでした。
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


目覚まし Basement JAXX-Take Me Back To Your House-

Take Me Back to Your House, Pt. 1 Take Me Back to Your House, Pt. 1
Basement Jaxx (2006/10/30)
Xl
この商品の詳細を見る

ダンス系で聞くのは、ケミカル、ダフトパンクにジャックスくらいなものですが、今年は雑食宣言したからにはガツガツ聞いていこうと思うのです。そんなわけで、みんな大好きジャックスの中でも、サワヤカ中サワヤカなお目覚めにぴったり、この曲。
晴れの日だったら、なおさら。今日という一日が良い一日であることを宣言してくれるような、楽しい1曲です。タナソウが確か、音楽を求めるのには少なからず心の穴を埋めるためかもしれない、だから純粋に人を楽しませることができる曲というのはそう多くはない、というような趣旨のことを書いていましたが、この曲はまさにその希少な一品かも。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

!!!-Myth Takes-

Myth Takes Myth Takes
!!!(Chk Chk Chk) (2007/01/24)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る

新生活が始まり、なかなか更新できずにいます。音楽とも少しばかり縁遠い生活に、欲求不満です。先日リキッドルームのベックのライブに行ってきました。レポートはまた次回ということで、ようやく!!!のレビューでも。

フジ出演も決まっている、!!!。やたら大所帯らしいですが、まだライブは見たことがありません、楽しみです。もっとダンスっぽい音なのかと思っていたら、思いのほかロック。ラプチャーとかにも見られるダンスっぽいロックはなかなかアメリカ、得意なのかな。大所帯ならではの様々な音に、うまい具合にボーカルやコーラスが一体化していて、リズム感、その湧き出すエネルギーを感じずにはいられない。テンションの上げ方をわきまえた見事な展開。無意識のうちに体が揺れてます。

タイトルソングMyth Takesでグッと掴んで、All My Heroes Are Weirdosのグルーブ感はスゴイ。Heart Of Heartsの踊り狂うしかない、と言わんばかりのせめたてる強さや間の取り方とか最高!ジャンルの垣根をあっという間に飛び越える、ライブ感間満載の一枚に仕上がっています。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


The Fratellis-Costello Music-

Costello Music Costello Music
The Fratellis (2007/03/13)
Cherry Tree/Interscope/Drop The R
この商品の詳細を見る

新人バンドが続きます。
というかすっかり大流行のフラテリス。予てから試聴はしていたものの、そこまでピンとこなかったのであまりちゃんと聞いていなかったのですが、サマソニも決まったということで。
うーん、私はひねりのあるヴューの方が数倍好きですが、それでもなかなかのメロディセンス。流行のアップテンポ、UKらしくもポップなメロディ、声も良いですね。テンションを上げるために作ったかのような1枚とでもいいましょうか。1曲目からHenrietta、i-podのCMでおなじみFlathead、コーラスが楽しいChelsea Daggerと攻め立てる前半部分。その分ちょっと後半息切れ感もありますが、まぁサマソニが楽しくなるのは間違いないかな。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking



最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。