起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2009 01<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>2009 03
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

SummerSonic2009

サマーソニックの第1弾アーティストが早くも発表されました。
NMEと組んでるんじゃないか、と思わせる今年注目の新人、Lady GagaにLittle Boots、そして私も今年大注目のRed Light Company
そしてThe Vivian Girlsで話題に挙げた、The Vaselinesや久しぶりのTeenage Fanclubも!さらにさらにThe Specials!!!ってあのスペシャルズですよね・・!?
これはまじで。。スゴイ。。仕事休めるんだろうか。。

SUMMER SONIC2009
8/7(Fri) 8/8(Sat) 8/9(Sun)


Linkin Park
My Chemical Romance
Nine Inch Nails
The Specials
The Flaming Lips
Aphex Twin
CSS
The Enemy
Klaxons
Mogwai
Paramore
Placebo
Sonic Youth
Soulwax
Teenage Fanclub
Boys Like Girls
Cancer BatsDatarock
Enter Shikari
Ghostland Observatory
Girl Talk
Hollywood Undead
Kid Sister
Kyte
Lady Gaga
Lenka
Little Boots
Mando Diao
Matisyahu
Metronomy
Mew
Mercury Rev
Mutemath
Red Light Company
Saosin
2 many DJ’s
Mutemath
The Vaselines
VV Brown
Yuksek
…and more!
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

気になるバンド2009-The Vivian Girls-

Vivian GirlsVivian Girls
(2008/09/30)
The Vivian Girls

商品詳細を見る

年始早々新人バンドのWhite liesがやたらとシーンをにぎわし、フランツ、The Viewの新譜もとっくに発売(早く聞かなければ)。どうやら今年も追いつけないほどのスピード感のある音楽シーンになりそうです。しかも新旧バンドが入り乱れそう!そして先日気になるバンドで紹介した注目のRed Light Companyのアルバムが三月初旬に発売されるようです。これは楽しみです。

今回の気になるバンドは、既にアメリカ、ヨーロッパで大人気のNYガールズパンクバンドThe Vivian Girlsです。今最も熱い地区といっても過言ではないブルックリンのガールズトリオバンドで、イギリスではなかなかチケットが取れないほどの人気だそうです。
去年、音楽を探求することをかなりサボったためか、それともただ私が世間に疎いだけなのか、シューゲイザーサウンドが数年前からブームにも近い現象になっていることに、全く気づいておりませんでした。The Vivian Girlsもシューゲイザーに分類される場合もあるようです。確かにギターを掻き鳴らし、エフェクトがかかってはいますが、小さなライブハウスで間近で演奏しているようなアナログ感と、「インディー」という言葉がぴったりな、いい意味でのマニアックさがガッチリロックファン魂を掴んでしまうのでしょう。スタイリッシュなヴィジュアルとパンクスピリッツ満載の音とのバランスが絶妙。どこかで聞いた懐かしさがあると思っていたら、ニルバーナのアルバムに数曲入っている「THE VASELINES」の音に大変よく似ています。ぜひとも実際に小さなライブハウスでその演奏を見てみたいです。

My Spaceはコチラ
www.myspace.com/viviangirlsnyc
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

David Bowie-Ziggy Stardust-

Ziggy StardustZiggy Stardust
(2003/07/29)
David Bowie

商品詳細を見る

私の記憶力はかなり乏しく、「覚える」という行為が非常に苦手です。それゆえ、学生時代は社会の授業が大嫌い、特に歴史は大の苦手でした。しかも、日本史、世界史に細分化された日には、いくらゴロ合わせしても覚えられない年表のせいで、日本と世界の相互関係はめちゃくちゃ。世間が大好きな戦国時代もさっぱり。織田信長と小田和正を間違える始末です。

長々と音楽に関係ないことを書きましたが、そういうわけで、自らその流れを体験していなかった時代の「音楽の歴史」についても、大まかには分かるもののちょっと年表を読んだ程度では、どのバンドがどの年代やジャンルに位置づけられているか、全く覚えられず、また、その「ジャンル」についても、どれがどれやらさっぱり覚えられません。だけど、それらを覚えられないだけで、出来る限り知りたい、と探究心は常に持っているつもりです。そんな中、当ブログでも書いたBS1の「みんなロックで大人になった」では、バンド本人や関係者のコメント、実際のライブ映像や世界情勢を交えてロック史を大まかに紹介してくれたおかげで、少しではありますが頭に叩き込むことができたのです。そして改めて本作をじっくり聞いてみました。

ピンクフロイド、ヴェルヴェッツのアートロックの流れを受けてグラムロックを決定的な形にしボウイ。宇宙からやってきた架空のロックスターZiggy Stardustを自らとし、地球滅亡までの5年間を描いた超大作。グラムロックの頂点とも言える本作は、ボウイの代表作であるだけでなく、ロック史においても重要な位置づけにある一枚。本作にて宇宙人Ziggyとなったボウイの妖艶な姿に、ファンタジックなストーリーをかきたてるメロディ。一度聞いたら心に刻み込まれる「Starman」「Lady Stardust」は言うまでもなく美しき名曲。「Ziggy Stardust」「Suffragette City」の流れも最高。実際にこの感動をリアルタイムで見られなかったことが残念でなりません。ロック史には時にその歴史を変えるくらいに影響力を持ったバンドや人物が登場します。そういったバンドの誕生の背景や歴史を知ることも大変面白いので、今年はいっそう音楽について(覚えることはなかなかできないにしろ)勉強したいと思います。そして、今後現れるであろうそういった歴史的瞬間を見逃すことないよう、敏感にアンテナを張り巡らしておかないとな、と熱く思った2月のはじまりでた。
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。