起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2009 08<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2009 10
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

The Big Pink-A Brief History of Love-

A Brief History of LoveA Brief History of Love
(2009/09/15)
The Big Pink

商品詳細を見る

なんとか9月中にサマソニ日記を書き終え、仕事もなんとか落ち着いてきましたので、新譜・旧譜をどんどんレビューしていきたいと思います。

先行シングルですでに話題騒然、サマソニでも最高のステージを見せてくれたBig Pink。これがデビューアルバムなんて信じられません。今のところオカモ的2010年ベストアルバムに最も近い存在です。
まず、ボーカルも含め、音のバランスが絶妙です。下のほうではガリガリとしたノイズ音、メインで音に合った細めのボーカルとギター、上では高音コーラスや打ち込み音が恍惚感を高める演出。サマソニのステージで感じたのは、打ち込み音がメインの楽曲でも、決してバンドとしての構成をおろそかにしていないこと。デジタル音とアナログ音のバランス、最高です。

次に、展開が素晴らしい。予測のつかないメロディラインによる緩急が、非常に聞き手をひきつけます。どの曲も違った表情を持っているのに、アルバムとしてはバランスよくまとまっているのも素晴らしいです。

Crystal Visionsで始まり、Too Young To Love、DominosでBig Pinkらしい恍惚感の中に力強さを感じさせてくれます。Love In Vainで一度目の局面を迎え、その流れで本作最もポップなAt War With The Sunへ。この曲は個人的に最も好きな曲のうちのひとつです。特にCメロへの展開が素晴らしく、熱い気持ちになります。Velvet、Golden Pendulum、Friskでは、ノイジーなイントロと抑え目のA,Bメロから、サビやCメロにピークを持って行くドラマティックな展開を共通して感じることができ、このアルバムの山場とも言えるでしょう。Friskのドラム、最高です。A Brief History Of Love~Count Backwards From Tenで、キレイにまとめあげられています。流すぎず、短すぎない11曲という曲数も、計算なんでしょうか。もうデビュー作にして出来上がってしまってます。

長々と書きましたが、聞けば聞くほど素晴らしいよビッグピンク!ってことです。
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


SUMMER SONIC 2009 3日目(8/9 SUN)

さすがに3日目ともなると疲れがテンションでカバーしきれないらしく、朝から体がついていかない感をひしひしと感じました。グダグダだったので動画の力を借りながら、最終日のレポをどうぞ。

★3日目★
IMG_2504_1.jpgIMG_2509_1.jpgIMG_2533_1.jpg
IMG_2546_1.jpgIMG_2551_1.jpgIMG_2553_1.jpg
IMG_2554_1.jpgIMG_2555_1.jpgIMG_2566_1.jpg
上段左:Beach Statge付近ビーチ 中:Mutemath     右:サイレントディスコ 
中段左:Solange           中:渡辺直美      右:Vaselines
下段左:Teenage Fanclub     中:Flaming Lips準備中 右:Flaming Lips

★Mutemath
朝1でビーチで遊んで、そのあと今年はほとんど足を踏み入れなかったマリンスタジアムへ。
ちょうどMutemathが演奏中で、2、3曲楽しんでいくことに。今年のココは、メタルやハードなバンドがほとんどだったので、Mutemathもその類かと思っていたのですが、意外とベタなギターロックしてて楽しめました。


★サイレントディスコ
去年、訪れてかなり面白かったのがココ。2人のDJがそれぞれ別の曲をプレイしていて、ヘッドホンのチャンネルで切り替えられるという仕組み。ヘッドホンをしていると、たちまちそこはクラブ状態。ヘッドホンをはずすと、静かなのにやたら皆が動いているという異様な光景を楽しむことが出来ます。ちょうど、マイケルのBeat itが流れて、ヘッドホンをつけたりはずしたりして温度差を楽しんでみました。もうちょっと音が良いとより楽しいのにな。

★SOLANGE
トリはFlaming Lipsと決めていたので、なんとかビヨンセに近いものを見ようと、妹のSolangeを見に行くことに。興味本位で見に行ってみたものの、びっくりするくらい可愛くてスタイル抜群(顔ちっちぇー)、歌も踊りもうまいやらで、ちょっと感激してしまいました。ダイナミックなビヨンセとは違いかわいらしい動きに、ビッグバンド風の曲あり、ミュージカル風の曲あり、アメリカンミュージックの良いところを凝縮したような音で、意外にもかなり良かったです。


★KEANE(モニター)
まだまともに何もライブを見ていないのに、疲れたのでゴロ寝コーナーでキーンを見ながら休憩。
美声が疲れた体に染み渡ります。モニターながら、Somewhere Only We Know に感動。

★渡辺直美
ご飯でもたべようとフードコートをうろちょろしていると、ちょうど渡辺直美のステージがやってました!
すげー動く!テレビで見るより躍動感がスゴイ(肉の)
ソランジュも見たことだし、ビヨンセを見た気になり、満足。

ヴァセリンズにつづく。。
...続きはコチラ   

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


SUMMER SONIC 2009 2日目(8/8 SAT)

ようやくBIG PINKの新譜がアマゾンから届きました。
それを聞きながら、サマソニ史上最高の2日目の記憶をしっかり思い出して書いてみます。

★2日目★
IMG_2449_1.jpgIMG_2455_1.jpgIMG_2454_1.jpg
IMG_2463_1.jpgIMG_2466_1.jpgIMG_2473_1.jpg
IMG_2479_1.jpgIMG_2485_1.jpgIMG_2494_1.jpg
上段左:Island Statge  中:Golden Silvers( Gwylim Gold (vo/k) ) 左:Golden Silvers( Alexis Nunez (dr)) 
中段左:Sonic Stage  中:Horrors 右:Tom Tom Club
下段左:ELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS 中:CSSマツシタさん 右:Specials

★Golden Silvers
前日は始発で家に帰ったため、朝のDelphicはあっさりと諦めて、どうしても見たかったGolden Silversから2日目はスタート!3日目のパフィーの時は入場規制がかかり溢れかえったIsland Stageですが、この日は開演5分前になってもガラガラ。余裕で中央1列目にポジショニングできました。メンバー自らステージ機器や楽器を調整し、あまりの空きっぷり遠い目をするにボーカルのグウィリム君。。少し申し訳ない気持ちになってしまい、ひとりでも何とか盛り上がろう、と決意するのでした。

調整を終え、いきなり代表曲True Romanceから!緊張も見てとれるほど初々しい表情とは裏腹に、安心感のあるしっかりとしたコーラスワークと、伸びの良いボーカルがかなり好印象!
2日目も好発進の予感で、この人の少なさをテンションでカバーしようと、全力で楽しさをアピールしてみました。中盤からずいぶん人も増え、音楽好きが集まったな、といった客層で非常に雰囲気の良い空間となりました。「気に入ってくれるといいな」と紹介されたアップテンポでロック色の強い新曲がこれまた良かった!終始、照れ気味で話すグウィリム君、最後に「みんなにプレゼントをもってきました」といって、なにかを撒き散らし、近くの人がゲットしたので見せてもらうと、ネックレスらしきものでした。なんて健気。30分そこそこで終わってしまうのが、もったいない!単独があればぜひもう一度見たいと思わせてくれる良いライブでした。

★The Horrors
度肝を抜かれたあのサマソニ07来日からはや2年、あの恐ろしくとっつきにくいイメージを完全にぶち壊して世のロックファンにその才能を見せつけてくれた名盤Primary Coloursを引っさげての再来日!事前情報では、前作とはあまりに方向性が違うため、前作の曲はやらないとか、アルバムと全く同じ順のセットリストだとかいろいろ聞いておりましたが、一体今回はどんなステージを見せてくれるのだろうと、かなり楽しみにしておりました。
薄暗い照明の中、アルバム1曲目のMirror's Imageが響き渡り、イメージどおりの、100点満点のスタート。そして、ガリガリ長身のファリス、観客に向かって両手を振りかざし、静止。お決まりのポーズであるにもかかわらず、このタイミングが全くつかめません。もうそれだけでもホラーズワールド。
アルバムの美しく力強いサウンドと、独特な世界観を持つこのビジュアル、やはりこのバンドは見せ方を分かってるなーと感心してしまいます。今頃のレビューとなってしまったため、セットリストはほとんど覚えていませんが、ほぼアルバムどおり(40分程度なので数曲抜けてはいましたが)だった気がします。Primary Coloursというアルバムが緻密な計算の元、これ以上に無い完成形だということをセットリストが物語っているんだろうなと勝手に感じ取ってみました。ちなみに大阪では1stの「Count In Fives」をプレイしたそうで、それはそれでうらやましかったりもしますが、ホラーズにしか作ることの出来ないホラーズワールドに大満足。前回のような衝撃は無いにせよ、ホラーズというバンドの才能をこの目、この耳でしっかりと確認した40分間でした。

★METRONOMY
隣なのでちょっとのぞいていこうと、チラ見。世間ではかなり評価が高いのですが、あまり好みでないので、すぐに出てしまいました。やっぱりエレクトリックな音には苦手意識がまだ残るらしい。

★The Ting Tings
去年、マウンテンステージでは結構すいていて、観客もかなり大人しかったので、丸見えの踊りたい放題だったんですが、今年は打って変わって入場規制間近の人!人!人!大太鼓をたたく姿をひと目、と思っていましたが、それどころかステージもまるで見えないので、後方で楽しく踊りました。音だけでもやっぱり楽しいのがティンティンズの魅力です。コステロが控えているため、Keep Your HeadやShut Up and Let Me Go、Great DJなどを聞いて移動。

★Tom Tom Club
移動しようと通りかかった隣のダンスステージで、Tom Tom Clubが!確か、元Talking Headsのメンバーだったはず、これは一見しとかないとマズイと、もうコステロまでほとんど時間が無いが1曲だけ見ることに。さすがベテランなだけあって、抜群の一体感で楽しすぎるステージを繰り広げ、うっかり長居しそうになってしまいました。コステロとかぶっていたのが残念、もっとちゃんと見たかった。

2日目のメインディッシュ、コステロへ続く。。
...続きはコチラ   

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


Vivian Girls来日してた!!!

Everything Goes WrongEverything Goes Wrong
(2009/09/08)
Vivian Girls

商品詳細を見る

新譜が出てるのは知ってました。しかし来日してるなんてーーー

Vivian Girls JAPAN TOUR 2009
★09.18(金)京都<LIVE!SECOND ROYAL>   
 ⇒⇒ぎゃー!終わってる!
★09.19(土)名古屋                 
 ⇒⇒ひぃーーこれも終わってる!
★09.20(日)東京<Vivian girls × Twee Grrrls Club> 
 ⇒⇒おしい!昨日や!
★09.21(月・祝)東京 
 ⇒⇒今日かいっ!!!

あぁ、音楽人生のいくらか損した気分。。。。もっと貪欲に音楽情報ゲットしておけばよかった。
気づくのが遅すぎた。どうせならもっと遅かったらよかったな。仕事してる場合じゃなかですたい。
グレちまいそうだぜ。こうなりゃどうしても見たいってもんです。英国か米国に、見にいってやろうかーー!



  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

新譜いろいろ

もう忙しくってサマソニ日記が全然書けません;;そうこうしているうちにどんどん新譜は出るし。。
サマソニ日記もCDレビューも、余裕が出来たときにまとめて書きます!今年中にはきっと!
取り急ぎ忘れたくない新譜をメモ!

★Bad Lieutenant
ニューオーダーのバーニーが新プロジェクトをついに始動させました。先行シングル「Sink Or Swim」はニューオーダーの爽やかさそのまま!10月の新譜、楽しみです!
Never Cry Another TearNever Cry Another Tear
(2009/10/12)
Bad Lieutenant

商品詳細を見る


★Weezer
もう新譜発売!?しかもまたへんてこりんなボクサースタイルなリバース。。脱オタク宣言だとか言われていますが、まぁそれなりに期待しておこう。。
ラディテュードラディテュード
(2009/10/21)
ウィーザー

商品詳細を見る


★Flaming Lips
まだサマソニリポートを書けていませんが、それはもう、夏の2大フェスのラストを飾るにふさわしい、至福のライブでした。というわけで、新譜にはどんなメッセージがこめられているのか楽しみです。
EmbryonicEmbryonic
(2009/10/13)
The Flaming Lips

商品詳細を見る

ってか、初回限定版(?)のもじゃもじゃ仕様が気になります。これじゃぁCD棚に収まんないよ!
flaminglips_revisedbundle.png

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽


SUMMER SONIC 2009 1日目(8/7 FRI)

サマソニが終わってもう一ヶ月も経つんですね。フジに負けないくらい最高だった今年のサマソニを終えてから、燃え尽き症候群になるわ、テンションで保っていた体にもガタが来るわで、気づけば9月になっちまいました。でもめげずにサマソニレポートを書いておこうと思います。

★1日目★
IMG_2373_1.jpgIMG_2337_1.jpgIMG_2364_1.jpg
IMG_2382_1.jpgIMG_2387_1.jpgIMG_2390_1.jpg
IMG_2394_1.jpgIMG_2409_1.jpgIMG_2426_1.jpg
上段左:メッセ入り口モニュメント 中:マウンテンステージ 右:The Big Pink
中段左:Phoenix開演前       中:Data Rock      右:Dance Stage
下段左:Beach Stageへの道    中:Jack Penate     右:ゆらゆら帝国

★The Bawdies
若手の日本人ロックンロールバンド。テレビでチラっと見た事しかなかったのですが、ベタ中のべたなロックンロールミュージックを奏でるので、それはそれでアリだな、と思いました。宣材写真は全員ちょっと男前風ですが、生で見るとそれほどでもないです。テンションが上がってもなおやたら敬語で客をあおるのが、印象的でした。ハスキーな声がカッコイイ。音によく合ってます。

★Red Light Company
今年のサマソニではかなり楽しみにしていたRLC。新人バンドの場合、CDは良かったけどライブはそれほど魅力的でない場合はありますが、彼らのライブはなかなかよかったです。メンバーをネット募集しただけあって、なんとも統一感のないメンバー構成がちょっと笑えました。まるでベンフォールズかリバースかい、ってなメガネ青年のドラム、やたらマッチョでタンクトップ&内股なギターに、クールな日系のベース、そして今まで目にしていた写真よりもずいぶん男前だったボーカルのリチャード君。髪型はイメージ通りのロン毛のサラ毛、あのか細い声もCDまんまで、演奏は若干走ることもありましたが、ほぼCD通り。なかなか好感のもてる素敵なライブでした。新人にありがちな勢いだけでイケイケ!というよりは、素晴らしいメロディセンスに合った落ち着いた印象でした。今後も要注目です!

★The Big Pink
おおよそ新人バンドとは思えぬ圧倒的な存在感と、恍惚感あふれるその音、黙々と奏でる演奏スタイルや照明、すべてがパーフェクトでした!!メンバーは2人なのですが、ステージではバンドセットとなっており、音源よりも生音の方がより力強さがありました。また、メンバーではありませんが、紅一点のドラムの女の子の演奏スタイルが非常にかわいくもカッコ良くもあり、目を惹きました。
最初から最後まで気を抜けず、圧倒されてしまって、ライブ終了後もしばらくボーっとしてしまい、鳥肌がなかなか引かない始末。まさか、初日3バンド目にしてベストアクト決定か!?と思ってしまうほどでした。特に、何のパフォーマンスも無く、ただ持ち曲を演奏しているだけなのに、CDの何倍も素晴らしい。わざわざライブ会場に足を運ぶのは、CDでは得られない何かを期待しているからなわけで、それを惜しげもなく直球で伝えてくるThe Big Pink、末恐ろしいバンドです。

★Phoenix
続いてフェニックス。Tahiti80にも通ずる爽やかフレンチポップソングのフェニックス。アルバム、Wolfgang Amadeus Phoenixと同じく、Lisztomania から非常に爽やかにスタート!
まず見た目に他のバンドとの違いを感じました。さすがフランスバンド(?)、全員が襟付きのシャツを着用しており、演奏もいたって爽やか。「セッション」という言葉がふさわしいような、何ともお上品なステージでした。とは言え、CDよりもバンドメンバーそれぞれの個性が出ていて、力強さもあり、余裕のある演奏に皆満足な様子。思っていたよりもかなりの人気ぶりで、比較的大きめのマウンテンステージですが、人で一杯でした。終盤、大好きなToo Young に胸キュン、大満足でした!

データロックへ続く・・・
...続きはコチラ   

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


Tinted Windows-Tinted Windows-

Tinted WindowsTinted Windows
(2009/03/24)
Tinted Windows

商品詳細を見る

スーパーパワーポップバンドの念願の来日公演が決定しました!!!とりあえず、もう一度メンバーおさらい。
テイラー・ハンソン(vo) (HANSON)
ジェームズ・イハ(g) (ex.SMASHING PUMPKINS / 現A PERFECT CIRCLEやソロ名義活動)
アダム・シュレシンジャー(b) (FOUNTAINS OF WAYNE、IVY)
バン・E・カルロス(ds) (CHEAP TRICK)

見れば見るほどやっぱりスゴイメンバー!このベテランメンバーでライブが良くないわけがない!行かない理由がありません。来年年始そうそうこれはかなりかなり楽しみです。大阪はBig cat。クアトロが良かったなぁ。。出来れば1列目で見たい!!東京公演も行ってやろうかな。

- OSAKA -
1.13 (wed) Osaka BIG CAT
- TOKYO -
1.15 (fri) ZEPP TOKYO
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。