起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2010 03<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2010 07
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

Dirty Projectors-Bitte Orca-

今年初頭、2009年のベストアルバムランキングなどでしょっちゅう見かけたので、今更という感じもしますが、フジ出演も決まったことですし、3月に行ったライブの感想なども含めて書いてみようと思います。それにしても、今年はアルバムレビュー、まだデルフィック1枚だけという情けなさ。いつまでも引越しのせいにはできないなぁ。。

Bitte OrcaBitte Orca
(2009/06/09)
The Dirty Projectors

商品詳細を見る


 まず最初に言えるのは、本アルバムが絶妙なポジションを確立しているということ。通常、アートな作品というのは近寄りがたい存在であったりするのですが、本作はアートにはさほど縁の無いリスナーの耳にもすんなりと入ってくる絶妙な音作りをしています。新しさと懐かしさが同居しているような暖かさがあり、自然であり、とても人間的です。

 そして、特筆すべきはその技術。CDを聞いているだけでも、相当な演奏技術と音作りの才能を見て取れますが、ライブがその何倍も素晴らしいのにはさらに驚かされました。CDをはるかに超える音のボリューム感に圧倒され、演奏も歌も全員がものすごくうまい。一体何回くらい合わせ練習をしたんだろう、もしも大して練習していないなら、天才の集まりだーー!と、ひとりで感嘆しておりました。やはり注目されるべきコーラスに関しては、もう圧巻としか言いようがありません。特に女性3人のかけあいといったら、もはや神業。それぞれの歌唱力も素晴らしく、声質の違いをうまく生かしたパートわけで、まさに声は楽器のひとつだよ、ってかそれ以上だよ、と思わされました。「Remade Horizon」の後半のコーラス、かなり難易度高そうに聞こえますが、正直、CDより生のほうがうまいです。本アルバムを聞いて思い出しながら書いているのですが、音を聞くと目の前にあの日のステージがリアルによみがえってきて、本当にインパクトのあるライブだったんだなぁと、今改めて感じています。 
 また、個人的には「Fluorescent Half Dome」のドラムが相当好みでした。リズム楽器としての役割を12分に果たしており、力強いのに重過ぎず、トリッキーで、本当に素晴らしかった。そして終盤「Stillness Is The Move」は皆も待ってましたという感じで大変盛り上がり、全体を通して見てもパーフェクト!!素晴らしかったです。

 そういえば、終演後ブックオフのビルを出たところでSNOOZERの田中宗一郎氏とその仲間たちがわいわいしておりました。どうやらそれ以外の雑誌編集部の方も多数来ていたようで、どうりでマニアックな雰囲気が漂っていたわけです。さすが、トーキョー。でも、関係者やそのスジの方々で会場が混むのはちょっとつらいなぁ、と思ったり思わなかったり。

 この素晴らしすぎるステージを苗場で見られるなんて、あぁわしゃ幸せもんだよ、まる子。今年は絶対飲み過ぎないようにしよう、酔いどれ写真はもういらない、しっかり思い出を持って帰ろう、と心に誓うのでした。

セットリスト
01. Ascending Melody
02. No Intention
03. Remade Horizon
04. Knotty Pine
05. Fucked for Life
06. Gimme Gimme Gimme~Rise Above~
07. Thirsty and Miserable
08. Two Doves
09. Spray Paint (The Walls)
10. Don Henley's Dream
11. Temecula Sunrise
12. WITTENBERG III
13. Stillness Is the Move
14. Useful Chamber
アンコール
15. Cannibal Resource
16. Rise Above
17. I Dreamed I Saw St. Augustine
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

2010/3/31 Dead Weather@ZEPP TOKYO

 デッドウェザーのライブにいってきました!東京に来てから、Tinted Window, YYYs, ホラーズ、パッションピット、OK GO、ダーティプロジェクターズと、なかなか密なライブ生活を送ってはいますが、全然レビューが書けていなくてすみません。とりあえず、日に日に記憶が薄れていくので、昨日のDead Weatherを先に書いておきます。それにしても、気づけばほとんどアメリカバンド。最近のアメリカのロックシーン、勢いあるなぁ。

 キルズのアリソンとジャックホワイト、この二人のライブがかっこよくないわけないんですが、CDでは感じることのできない素晴らしさに、日々の疲れがふっとびました。しかし、がたいの良い外人軍団に囲まれたポジショニングで、かなり見えにくく、妄想でカバーした箇所があるかもしれませんが、あしからず。

 20~30分押しでスタートしたステージ。バックには巨大なアートワーク、そしてアートワークに向けられた照明の中に浮かぶ四人に湧き上がる観衆。そういえば、ジャックホワイトのステージを見るのは実は初めてだったな、と思いながら外人軍団の隙間からステージをのぞきます。
Image409.jpg

 アルバムと同じ「60 Feet Tall」から「Hang You From The Heavens」でスタート、照明が逆光となってメンバーの顔ははっきり見えませんが、それが楽曲の雰囲気にぴったりでかっこいい。相変わらず長い前髪を振り乱しながら歌うアリソンと、比較的落ち着きめのジャックローレンスを隙間から確認!ドラムのジャックホワイトと、ギターのディーン・ファーティタは見えず。しかし、見えなくても、この2曲だけでも、このライブが素晴らしいことを確信できました。CDでは感じることのできない重めの音の一体感がすばらしい。これほどまでに気持ちいいとは!
 どこかのタイミングでドラムのジャックが前にでてきて、それだけで歓声があがりました。ぽっちゃりしてるな~しかしなぜかかっこいいし、存在感がすごい。これぞカリスマってやつです。そして2nd Albumの楽曲も惜しみなくプレイされ、1stよりさらにパワーアップしている音に酔いしれます。ジャックホワイトの尽きることない創作意欲に感服!



それにしてもアリソンとジャックの息のぴったり具合といったら、キルズ以上なんじゃないか?と思ってしまうほどでした。終盤の「Will There Be Enough Water?」では1本のマイクに向かって二人で歌っていたのですが、その距離が近いこと、エロいこと限りなし。周りのテンション高い外人たちはさんざん「So Sexy!!」とか掛け声(野次?)を飛ばすのでした。イメージするために写真を貼っておきます。昨日は立ち位置が逆(右にジャック、左にアリソン)だった気がしますが。まぁとにかく角度によっては、かの中井公安委員長の路チュー写真なんか目じゃない(比べるのが間違ってるかしら)、最高にエロく最高にかっこいいツーショットでした。
deadwether03.jpg

そして、アンコールも豪華に四曲。I Cut Like A Buffalo→Treat Me Like Your Motherで、演奏、照明、観衆が一体となった最高のラストでした。MCもかなり少なかったのであっさり帰るのかと思いきや、ジャックがドラムスティックを1本ずつ会場に飛ばして、そして最後に4人で並んで肩くんでお辞儀。あぁ、どこまでもロックンロールバンド!ライブって、すばらしい。東京に住んでてよかった、と再び思うのでした。フジにも来てくれたら最高なんだけどな。
deadwether02.jpg

セットリスト
01. 60 Feet Tall
02. Hang You From The Heavens
03. You Just Can't Win (Them cover)
04. So Far From Your Weapon
05. No Horse(2nd Album)
06. Die By The Drop(2nd Album)
07. Blue Blood Blues(2nd Album)
08. Rocking Horse
09. A Child of a Few Hours Is Burning To Death (West Coast Pop Art Experimental Band cover)
10. Jawbreaker(2nd Album)
11. Hustle & Cuss(2nd Album)
12. New Pony
13. No Hassle Night
14. Will There Be Enough Water?
アンコール
15. Forever My Queen (Pentagram cover)
16. I Cut Like a Buffalo
17. I Can't Hear You(2nd Album)
18. Treat Me Like Your Mother

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。