起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2017 05<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017 07
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

2006/9/23 Hard-fi @心斎橋 Club Quattoro

だいぶ遅くなってしまいましたが、ハードファイライブレポートです。

↓これは大阪公演の写真ではありませんが、このTシャツを着てました!カワイイなぁ☆
hard-fi06.jpg

フジロック以来、久しぶりにライブに行ってきました。
大好きなハードファイ!しかもクアトロ!
さすがにクアトロサイズ、そしてまだ1枚しかアルバムを出していない知る人ぞ知るバンド(UK好きな人にはかなりメジャーだと思うんですが)だけに、並んで仕方ない!とか混み合ってヤバイ!という感じではなく、みんながハードファイを楽しみにきました、という和気あいあいな感じでした。
できる限り前の人が小さめのポジションを確保し、開演を待つ。

徐々にステージがスモークで曇り始め・・
Middle Eastern Holidayのイントロが!!
うわー近い。生声聞こえちゃう。そしてボーカルのリチャードよ、濃いっ!
ん・・?いつも聞いているCDとちょっと違うような?
そう、キーが下げられて演奏されていました。のどの調子が悪かったのかな。でも、でもかっこいい!そしてリチャードの「ドモドモー」が最高にかわいい!

ハッキリとは覚えていない上に、英語聞き取りがほぼできなかったですが、確か
「日本ツアーは3回あって、今日のオーサカがラストだから盛り上がろうぜ」「オーサカが一番最高!」
みたいなことを言っておりました。

それにしても、新曲、かなりカッコイイ!これは新譜に期待大!そしておなじみHard to Beatはいうまでもなく最高でした。全体のテンションがぐっとあがって雰囲気もすごく良かった!それから、「すぐもどってくるからちょっと待って」と言い残し、アンコールへ。待つ、というほど待たずに本当にリチャード一人がすぐに戻ってきて、ギター一本で「Move On Now」弾き語り。CDではピアノ弾き語りだからまた違った雰囲気。CDよりもずっと切なくて、でも力強い印象。
最後の「Stars of CCTV」「Living For The Weekend」はもう楽しむしかない状況で、特にCCTVはみんなでコーラスしまくったのがとっても楽しかった!

曲数が少ないから時間は短かったですが、徐々に徐々にテンションが上がるとってもステキなステージでした!
セットリストはRead Moreをクリックしてください☆
01. Middle Eastern Holiday
02. Gotta Reason
03. Suburban Knights
04. Tied Up Too Tight
05. Feltham Is Singing Out
06. You & Me *(New Song)
07. Unnecessary Trouble
08. Better Do Better
09. Can't Get Along *(New Song)
10. Cash Machine
11. Hard To Beat

(Encore:)
12. Move On Now
13. Stars Of CCTV
14. Living For The Weekend
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。