起きロック 寝ロック
目覚ましにロック、集中したいときにもロック、寝るときもロック
2017 10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017 12
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

SUMMER SONIC 2009 1日目(8/7 FRI)

サマソニが終わってもう一ヶ月も経つんですね。フジに負けないくらい最高だった今年のサマソニを終えてから、燃え尽き症候群になるわ、テンションで保っていた体にもガタが来るわで、気づけば9月になっちまいました。でもめげずにサマソニレポートを書いておこうと思います。

★1日目★
IMG_2373_1.jpgIMG_2337_1.jpgIMG_2364_1.jpg
IMG_2382_1.jpgIMG_2387_1.jpgIMG_2390_1.jpg
IMG_2394_1.jpgIMG_2409_1.jpgIMG_2426_1.jpg
上段左:メッセ入り口モニュメント 中:マウンテンステージ 右:The Big Pink
中段左:Phoenix開演前       中:Data Rock      右:Dance Stage
下段左:Beach Stageへの道    中:Jack Penate     右:ゆらゆら帝国

★The Bawdies
若手の日本人ロックンロールバンド。テレビでチラっと見た事しかなかったのですが、ベタ中のべたなロックンロールミュージックを奏でるので、それはそれでアリだな、と思いました。宣材写真は全員ちょっと男前風ですが、生で見るとそれほどでもないです。テンションが上がってもなおやたら敬語で客をあおるのが、印象的でした。ハスキーな声がカッコイイ。音によく合ってます。

★Red Light Company
今年のサマソニではかなり楽しみにしていたRLC。新人バンドの場合、CDは良かったけどライブはそれほど魅力的でない場合はありますが、彼らのライブはなかなかよかったです。メンバーをネット募集しただけあって、なんとも統一感のないメンバー構成がちょっと笑えました。まるでベンフォールズかリバースかい、ってなメガネ青年のドラム、やたらマッチョでタンクトップ&内股なギターに、クールな日系のベース、そして今まで目にしていた写真よりもずいぶん男前だったボーカルのリチャード君。髪型はイメージ通りのロン毛のサラ毛、あのか細い声もCDまんまで、演奏は若干走ることもありましたが、ほぼCD通り。なかなか好感のもてる素敵なライブでした。新人にありがちな勢いだけでイケイケ!というよりは、素晴らしいメロディセンスに合った落ち着いた印象でした。今後も要注目です!

★The Big Pink
おおよそ新人バンドとは思えぬ圧倒的な存在感と、恍惚感あふれるその音、黙々と奏でる演奏スタイルや照明、すべてがパーフェクトでした!!メンバーは2人なのですが、ステージではバンドセットとなっており、音源よりも生音の方がより力強さがありました。また、メンバーではありませんが、紅一点のドラムの女の子の演奏スタイルが非常にかわいくもカッコ良くもあり、目を惹きました。
最初から最後まで気を抜けず、圧倒されてしまって、ライブ終了後もしばらくボーっとしてしまい、鳥肌がなかなか引かない始末。まさか、初日3バンド目にしてベストアクト決定か!?と思ってしまうほどでした。特に、何のパフォーマンスも無く、ただ持ち曲を演奏しているだけなのに、CDの何倍も素晴らしい。わざわざライブ会場に足を運ぶのは、CDでは得られない何かを期待しているからなわけで、それを惜しげもなく直球で伝えてくるThe Big Pink、末恐ろしいバンドです。

★Phoenix
続いてフェニックス。Tahiti80にも通ずる爽やかフレンチポップソングのフェニックス。アルバム、Wolfgang Amadeus Phoenixと同じく、Lisztomania から非常に爽やかにスタート!
まず見た目に他のバンドとの違いを感じました。さすがフランスバンド(?)、全員が襟付きのシャツを着用しており、演奏もいたって爽やか。「セッション」という言葉がふさわしいような、何ともお上品なステージでした。とは言え、CDよりもバンドメンバーそれぞれの個性が出ていて、力強さもあり、余裕のある演奏に皆満足な様子。思っていたよりもかなりの人気ぶりで、比較的大きめのマウンテンステージですが、人で一杯でした。終盤、大好きなToo Young に胸キュン、大満足でした!

データロックへ続く・・・
★Datarock
最近出た新譜も、話題だった1枚目もちゃんと聞いたことが無かったのですが、まぁまぁ良いなと思ってはいたので、軽い気持ちでダンスステージへ。全員赤パーカーをかぶって、ヒップホップテイストな風体で登場しますが、音は案外ロックしてました。モジャモジャ頭が演奏するサックスが、全体の音を引き締めていて、このバンドならではの音を作っているなと感じました。
セットは、ステージ左の隅っこにドラムセットがあり、残りの人はやたら動きまわるので定位置がどこなのかは不明。変なダンスで客をあおったり、ドラム以外全員が右端に寄ってみたり、全員でドラムに集まってたたいたり、ひとりずつ順番に客の中に突っ込んだり、サービス精神旺盛のおもろいライブでした。

★Jack Penate
今年初めて訪れたビーチステージ。思っていた以上にビーチだったので、さらに夏気分が盛り上がり、爽やかなジャックピニャーテの声と、潮風がなんとも言えず気持ちの良い空間でした。ところが、空が真っ暗な写真からも見ても分かるように、名曲Torn On The Platformと同じ頃雨がポツポツ振り出してきました。。まさかサマソニでゴアテックスを用意してるはずもなく、これはイカンとあえなくビーチステージを後にして、マリンスタジアムへ。。この後、雷と嵐がやってきて、ビーチステージはこの後の公演は中止に。驚いたのは、長靴とレインコート姿の人が結構いたこと。なんて用意周到な!?

★Mogwai
スケジュール的には余裕だったはずなのに、雨宿りで足止めをくらって、SonicStageに着いた頃にはすでにモグワイが始まっていました。雨で体が冷えて、体力を奪われたため、後方でのんびり見ることにしました。のんびり見てはいましたが、圧倒的な存在感と美しい照明に、しばし疲れを忘れ、魅せられたひとときでした。激しさと静寂を、力強さとか弱さを同時に表現できる素晴らしいバンドだな、と感じました。CDをちゃんと聞いたことが無かったことに後悔。

★Kasabian
モグワイが終わったあと、疲れてフードコートでダラダラしていたら、カサビアンのことふと思い出して、まだ間に合うぞ、ってことで最後の数曲ではありましたが、今年もカサビアンを見ることができました。この人たち、毎年来てるからあまりありがたみを感じませんが、それでもやっぱり実際のステージを見ると抜群の安定感でおなじみの曲を演奏してくれるので、ついついテンションが上がってしまいます。

ここでひとまず第1部は終了。ここでひといついて1日を思い返して感じたことは、今年は本当にハイレベルなライブばかりということでした。特にBig Pink。早くアルバムが欲しい、もう一度ライブを体感したい!と早くも思ってしまいました。さてさて、今年は夜の部にも参加することにしてみました。

★ゆらゆら帝国
ずいぶん昔から好きだったのですが、そういえばライブを見たのは初めてでした。全体のバランスよし、ロックンロールよし、ベルボトムよし、伸びすぎたアフロよし!終始ゆらゆらした音と歌詞に、眠さを誘われたりもしましたが、数少ないジャパニーズロックンロールバンドとして、遜色のない素晴らしいライブパフォーマンスでした。

★The Blue Herb
ゆらゆらの後、時間があったため映画上映コーナーで爆睡。確か、妙なB級ヒーロー映画だった。友人に起こされて2時ごろソニックステージに向かうも、眠気を振り払うことができず、ソニックステージで爆睡。語りまくるBlue Herbという人のコンセプトすら分からないまま眠ってしまいました。その後、また上映コーナーで、アイアンメイデンのツアー密着映画を見ながら始発まで爆睡。だいぶ体に無理を強いた1日目でした。

長い長い1日目、やっと終わりー!
スポンサーサイト
  

クリックお願いします!→ FC2 Blog Ranking

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




最近の記事


カテゴリー


お気に入り


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

オカモ☆

Author:オカモ☆
目覚めてから寝るまで頭ん中ROCK。
CDは大切な財産だと思っています。
BeatlesとOasisでロックに目覚め、Weezer,Beck,FOW,SLOANを経て、The Vines,Hard-fi,Radiohead,YYY's,Whitestripesなんかがご贔屓バンドです。
基本的にはポップな音を好んで聞きますが、最近はジャンル問わずいろいろと聞いてみることにしています。



ブログやるならFC2ブログ



FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。